脂肪腫

2016/04/18 Mon 23:59

4月18日 月曜日

20160418 病院

土曜日に れーすの 左後ろ足 近くの 脇腹の

皮膚の下に ぶよん ぶよん としている物を 発見 (;゚Д゚)!

これは なんなのぉ~~??

と 病院に 行ってきました

脂肪腫 でした

http://www.petwell.jp/disease/dog/shiboushu.html

心配は ないようです


**********************************
脂肪腫
【症状】発生する場所によっては、歩き方に異変も

脂肪腫は、おもに腹部、胸部、内股、脇の下などの皮膚(皮下組織)に脂肪のかたまりとなって現れます。
腫瘍は楕円形で弾力があるのが特徴で、数年かけてゆっくりと大きくなります。
脂肪腫は良性腫瘍なので、健康に被害を与えるようなことはありません。
ただし、脂肪腫が筋肉の間に発生した場合は、歩き方に異変が見られることがあります。
脂肪腫を含め、犬の皮膚にできる腫瘍の発生率は、犬のあらゆる腫瘍のなかで乳腺腫瘍に次いで多く、
脂肪腫のほかには、悪性リンパ腫(リンパ肉腫)や肥満細胞腫、線維肉腫などのがん(悪性腫瘍)があります。
脂肪腫も同様ですが、皮膚に現れる腫瘍は、皮膚炎や潰瘍と見間違えることがあるので要注意です。

【原因】老犬で多く見られ、全身の皮下組織などに発生

脂肪腫のはっきりした原因は現在のところ不明ですが、おもに老犬で多く見られます。
全身の皮膚(皮下組織)や、大網(だいもう:胃腸を保護する膜)、腸間膜(ちょうかんまく:腸管を吊り下げて支える膜)
などによく発生します。

【治療】外科手術で腫瘍を切除すれば完治する

脂肪腫は外科手術によって切除すれば完治します。
ただし、しばしば再発することがあります。

【予防】腫瘍が見つかったときは、なるべく早めに病院へ

脂肪腫の予防方法はありません。
皮膚に腫瘍(しこり・腫れ)が見つかれば、悪性リンパ腫(リンパ肉腫)や
肥満細胞腫などのより深刻な皮膚腫瘍のおそれもあります。
放置せず、できれば動物病院で検査を受けることをお勧めします。

***********************************

しかし どうも リンパの辺りが 少し腫れてるようなので
念のため組織をとって 検査(細胞診)
ついでに 血液検査を お願いしました
フィラリアの検査は OKでました


お爪きり 肛門絞り お耳掃除 も お願いしました

れーすちゃん おとなしく 頑張りました
偉いねぇ



検査結果が 気になります。。。


  



                     
4月26日アップ
加藤どうぶつ病院 | コメント(6)
コメント
No title
れーすちゃん、脂肪腫が悪い物でなくて本当によかったですねv-353
でもリンパの腫れは気になりますよね・・・
本当に何事もない事を祈ってます!

れーすちゃん、検査本当に頑張りましたv-344
はなは、最近病院へ行くとプルプルふるえちゃいます(^_^;)
No title
れーすちゃんの検査結果
何事もないように願っています!
本当に年とともにいろいろ出てきますね(-_-)
でも脂肪腫で良かったですね~e-461
家も足や体にもできています。
心配だから見つけるとすぐに先生に確認するようにしています。

れーすちゃん検査頑張りましたね(*^-^*)b
検査とか治療でだんだん動物病院が嫌になってしまいますよね~

れーすちゃん本当にお利口さんで羨ましいです
まきぴさんへ
ご心配ありがとうございますm(__)m
ほんとに脂肪腫で、良かったというか、ホッとしました(*^_^*)
リンパの腫れは検査結果反応性過形成ということで、
今の所大丈夫みたいです
こちらは、ほんとに良かったです

はなちゃん、病院へ行くとプルプルふるえちゃうのね
恐いけど、頑張ってるんでしょうね
小さいのに、ほんとに偉いですね
ダニエルママさんへ
ご心配ありがとうございます
検査結果反応性過形成ということで、
今の所大丈夫みたい(*^_^*)
ほっとしました♪
らっきーMさんへ
そうですねっ(^_^;)
シニアになると とたんに色々とでてくるんですねっ。。。

はい脂肪腫で良かったです 
翔君達もできてます?
検査結果が出るまで ほんと心配ですよねっ
私の お腹が痛くなっちゃいましたよ
でも おかげさまで検査結果反応性過形成ということで、
今の所大丈夫みたいです(*^_^*)
ご心配 ありがとうございますm(_ _)m

管理者のみに表示